« 仙台で | トップページ | 秋の遠足♡ »

楽しいお料理

毎月色々な保育プログラムを親子で楽しんでいます。9月のお料理はスイートポテトでしたmaple

 お料理は作り方という手順がはっきりしているし、何を作るのかという目的も明確で、解りやすいのでしょうねsmile親子でしっかりと取り組んでいました。

 Img_2830 またスイートポテトは蒸したサツマイモを潰し、砂糖とバターをいれ、潰し、牛乳を入れて、さらに潰し、混ぜていく、最後にカップに入れて、オーブンで焼いたら、出来上がり、という繰り返しが多く、解りやすい作り方をしていること、もあるのでしょう、いつもなら、ちょっとしたら、飽きてしまったり、集中力が続かないことも多いのに、じっくり、集中して、取り組んでいてビックリです。

ここまで書いて、もう一つスイートポテト作りが、こんなにも親子で楽しめたのは、内容がスイートポテト作りだったから、なんではないかという考えに至りました。
 月に数冊は本を読むのですが、昨日読み終わった本に、子どもはどのように学ぶのか、ということが書いてあり、子ども自身に学ぼうという気持ちがなくても、その保育の場が楽しいという気持ちを持っていれば、学びが生じるということが、いろんな角度から書いてありました。

 そういう意味で、朝登園した時から、今日はスイートポテトだねhappy01と楽しい会話がお母さん同士であり、職員の方にも、スイートポテトはいつもおいしくできて、楽しい保育ができるという気持ちがあり、子どもも、お料理noteと楽しい気持ちがある中で、始まImg_2822り、解りやすくやりやすいお料理のスイートポテト作りが行われたことが、一番の楽しめた要因だったような気がします。

 子どもにとって、のびのびに来ることが、楽しい事になること、そしてそこで行われる色々な活動や遊びが楽しい事、それが一番子どもの成長にプラスになることと改めて確認できる、時間でした。もっともっと楽しい時間を送りたいですね。
     *障害児は現場で学ぶ 渡辺 信一

                                   (むかさ)

|

« 仙台で | トップページ | 秋の遠足♡ »

親子保育クラス」カテゴリの記事