« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

とろとろどろ~り かたくり粉遊び

Img_5763


 親子保育クラスでは、いろんな感触遊びを体験していますheart01
 
 2月にはかたくり粉あそびをしましたscissors
 
 かたくり粉は不思議な感触happy02で、水を混ぜても溶けたように見えて溶け切らず、底に沈殿します。
 
 それをすくって、手で強く握ると固まりますが,手を開いて見ていると、あれ不思議deliciousとろけてしまうのですnote
 
Img_5759


 スプーンなどで、すくって、垂らしても、水のように流れるのではなく、とろとろどろ~りと不思議な流れ方なのですwobbly
 
 その何とも言えない感触を手ですくったり、スプーンで垂らしてみたり、カップに入れてみたり、と味わい尽くして楽しみましたgood
 
 わが子と2人で向き合っていると、うちの子大丈夫なんだろうか?ちゃんと育っているのか?私の育て方は間違えてないのか?ことばが遅いのではないか?など気になることがいろいろ出てくると思います。
Img_6350
 親子保育クラスは、そんないろんな心配や気がかりなことを気軽におしゃべりしながら、子どもと楽しみながら、一緒に考え、解決していけるクラスですhappy01
                  (むかさ)
 
 
 
 

|

ボール遊び

 最近の幼児さんの集団遊びのプログラムは、ボール遊びでした。

 各コーナーにいろいろなボール遊びを準備し、それぞれの子がいろいろなボール遊びを体験していきます。

basketballバスケットゴール、ストラックアウト、soccerサッカーゴール、小さなボールの玉入れなど、好きな活動を選んでいきます。

 バスケットゴールでは、初めて経験する子の中には、ゴールの輪の下からボールを入れようとする子もいます。スタッフがボールを上から入れる所を見せても、なかなか入れてくれず、スタッフはバスケットゴールを低くして、傾けて、ゴールの輪を見せて促します。

Img_3583スタッフに促されたり、他の子が繰り返し入れているのを見ている中で、ゴールのイメージが持てて、少しずつ入れてくれるようになりましたsign01

 

 

 ストラックアウトは、テニスボールのような硬くて重めのボールを、数字板(1~9)に向かって投げて、板にボールをくっつけるのですが、これが小さい子には、なかなか難しいのです。小さい子には数字板をすぐそばまで近づけて投げる練習をし、徐々に遠ざけていきます。コツがつかめてくるとボールの投げ方も上手になり、距離も伸びます。数字は好きな子も多いので、その魅力に惹かれて、結構みんな参加していました。

 サッカーゴールは本物とは違いますが、子ども用でネットもついているものです。スタッフPhotoがゴールの前でキーパー役をすると、何人かの年長さんは、ゴールをねらってボールを蹴るより、キーパーになってゴールボールを止める方が楽しいようでした。

 

  小さなボールの玉入れは、得点を付けて準備すると、100点を一生懸命ねらって必死の子がいたり、小さなボールの玉入れなのに大きなボールを入れようとしておもしろがったりしています。ほんとに楽しみ方は子どもによっていろいろで、おもしろいですね。

 集団遊びの中では、ルールを設け、それに沿って楽しめる子もいれば、わざとルール違反をして、おもしろがる子もいます。こんな風にいろいろな活動を通して、子どもの成長を伺いながら、その中で、子どものステップとなる活動を見つけて準備していけたらと考え、みんなで知恵を絞っています。さて、次は何をしようかな?                   (やました)                              

|

おりがみでレストラン

 モンテッソーリ幼児教室ではいろいろな教材に触れて、じっくり取り組んでいますhappy01
 
 今特に楽しんでいるのが、おりがみでいろいろなお料理restaurantを作ることですsign01Img_5764_2
 
 ハンバーグやピザheart01カレーライスにフライドポテトなどいろいろなメニューを作ってきました。
 今回はドーナツを作りましたnote
 何回か折るだけで簡単に出来るし、身近で子供にとって親しみが持てるメニューなので、とても人気ですlovely
 その日のメンバーにあわせて、楽しめる物を工夫して用意しています。Img_5765
 
Img_5766  僕これしたい、私出来るねん!とじっくり楽しみ充実した時間を過ごすと満足し、その子その子の良さが出てくるというモンテッソーリ教育の考え方heart04
 これからも今この子は何が好きで、どんなことに興味を見出すのか、しっかりみつめて、教材という、環境を整えていき、子どもたちと共に楽しんでいきたいと思っています。
                                                                           (むかさ)
 
 

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »